読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少ない物ですっきり暮らす

家族4人、3LDK暮らし。趣味は小さな幸せ集めです。 

波佐見焼 evotra

四月二日の前日の今日、青色の記事を上げようと予定していました。

お母さんが病気のとき、安心して休めるように

病気のときは、ゆっくり休みたいですよね。

【家事を手放す】には、家族基準の家事を作る

少し考えて、キッチンやり直しました。

一つの満足より、三つの不満足を手に入れる

昔は洋服一枚あたり平均が1480〜1980円の価格帯の服を買っていました。

オシャレとは何か?

あなたにとって「オシャレとは」何ですか?

「使う・使わない・使えない」の基準は難しい

今回の画像は不快なモノも含まれますので、了承の上、続きをご覧ください。

手を抜くために手を抜かない

部屋は何もないと気持ちがいいですね。

モノ選びの基準

大切にしていても壊れるときは壊れます。

「関係性」という下地

「田中角栄の本を勝手に捨てられた!」と言われました。

「片づけ」に必要な5つのこと

暮らしに余裕のない状態で「片づけ」はできません。

お義母さんへ「片づけ」の質問しました

義理の母と、ご近所のかたに「片づけ」の質問をしました。

見捨てられたもの

義理の父が家具を色々もらって来るそうです。

死後の整理と生前整理

曾爺ちゃんの元おうち。一室は今、このような状態です。

音のミニマリズム

音がない…。寂しくも感じますがとても癒されます。

モノに敬意をはらうこと

曾爺ちゃんの家。一つ一つのモノを見ると大切にされてたんだなぁ…と感じます。

無理を習慣にしないこと

過去、過労で2回ほど倒れたことがあります。

ミニマルな靴選びを考える

靴の所持数が減り、色々分かったことがありました。

服は着る薬

市販の服も好きですが、自分で作る服も好きです。

モノを「捨て過ぎる」予防策

モノを「捨て過ぎる」 なんてことありますか?

モノを沢山いただきました。

モノを色々沢山もらってしまいました。

「ミニマリスト」として、まず最初に「手放す」大切なモノ

最初に「手放す」大切なモノがあります。

「どう見られるか?」 服装という手段

服はなかなか捨てられないですよね。

少ない生活と、歳を重ねての生活

ラグの時期になりましたが、掃除の時は床から撤去します。

モヤモヤを残しておく

気持ちの整理で、あえてモヤモヤを残しておくことがあります。

家事の手を止めるとき

朝の家事の手をつい、止めてしまうことがあります。

モノは安いほうがいい?高いほうがいい??

物は高いほうがいいか?安いほうがいいか?

「ストレス買い」を防止するためにしてること

ストレスが溜まると買い物で発散したくなりますよね。

空間を止める

時間を止めることはできませんが『空間』は止まります。

物を捨てて、何か変化はありましたか?

「物を捨てて、何か変化はありましたか?」と、よく質問されます。

モノが溢れると、人が去ってゆく

私がインテリアに興味を持ち、好きになるキッカケをくれた方がいました。

庭の手入れは、自然との語らいと戦い

草むしりを日課にしている私。今年は長雨で手があまり入れられませんでした。

「主婦」は「無職」ではないのか?

先日、コメントで主婦は職業「無職でしょ」といただきました。

「記号」「モノ」化する人々

理想や完璧を求め過ぎることは、人を「記号」や「物」として見ることに通じる気がします。

話の上手じゃないヤツは口を開くな…。 それって悲しいじゃないか。

数年前に出会った知人からいただいた、大切にしている言葉があります。

又吉直樹の生き方にみるミニマリズム

又吉直樹さん。彼の生き方がすごくミニマルズムを感じるものでした。

物が物を呼ぶ!危険な関連性 (もったいないの落とし穴)

手作りで物を作ることが好きです。でも、作るたびに物が増えます。

洗濯機のモード「自分流」 私も「自分流」

我が家の洗濯機には「自分流」というモードがあります。

インテリアという趣味は、とてもお金がかかる

インテリアが大好きです。しかしお金のかかる趣味だと思いました。

買ったけど使わないモノって何だろう?

意味のあるものを買ってますか?

楽しい時ほど人は鈍感になる

昔は感情を抑えられずに失敗することもしばしばありました。

なぜミニマリストは魅力的なのか?

はじめて「ミニマリスト」というライフスタイルを知った時、衝撃でした。

物を捨てる必要はない、在り方を考える。

本がどうしても捨てられませんでしたが、子供の写真も大量です。

自分を好きになる

晴れて天気がいい日は、思いっ切り掃除します。

雑貨は飾らないという選択肢 (コミックエッセイ)

我が家は長年試行錯誤した結果、雑貨は飾らないことを決めました。

「【消費】をやめる 銭湯経済のすすめ 」

ミシマ社さんから出版「【消費】をやめる 銭湯経済のすすめ」 平川克美著

服の数と色をミニマムにして、少し思うこと

少しづつですが、洋服のミニマリスト化が進んでいます。

使い切って捨てる  ミニマムに物を持つことの意義

3日前、10年間使い続けたミシンが寿命を迎え、動かなくなりました。

好きな時間を持とう

私にとって好きな時間は、読書や絵を描く時間です。

ライフデザイン

白と黒と木の色が好きです。

ノームコア

以前、別のブログで服を4枚に減らした記事を投稿した際に「囚人みたいな服ですね、女捨ててますね。」というコメントをいただきました。