少ない物ですっきり暮らす

暮らしを良きものに 

眠る前ほど、照明の明るさをミニマルに

f:id:yamasan0521:20150628213111j:plain

夜の21時以降は照明の数を落とします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

眠る前に部屋の照明が煌々としている状態は好きではないので、照明の数を落として暗くしています。少し暗い部屋でぼんやりして眠りにつくことが毎日の習慣です。本を読みながら、気がついたら眠っていたような時は幸せを感じます。

 

f:id:yamasan0521:20150628214053j:plain

間接照明を過去一度、必要ないかな?と思い一度処分しました。しかし間接照明の無い日々を過ごして不便を感じ。もう一度買いました。夜は子供達も21時には完全に就寝してしまうので、部屋の音も静かになります。

音が減り、部屋の照明を少し落とし、ささやかな自分の時間を持ち、穏やかな気持ちで眠りにつく。なんでもないことですが、一日の騒がしさがリセットされる気がします。

本を読んだり、PCで友人の近況を確認してみたり、撮り溜めた番組を消化してみたり。ぼんやりと時間を過ごしながらも22時過ぎには私自身も就寝します。短い時間ですが一日の主婦業が終わって、ほっと一息入れる大切な時間です。

 

応援クリック押してもらえると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村