少ない物ですっきり暮らす

家族4人、3LDK暮らし。趣味は小さな幸せ集めです。 

重たい布団を干すことを手放しました

f:id:yamasan0521:20170328211858j:plain

負担の大きい家事を手放すため、寝具を変えました。

 

 

我が家は基本的に布団で寝る派です。と、なると床に直接布団を敷く。寝汗などで布団の床に接する部分が湿気でシットリ。湿気が発生すると布団を干すわけですが…。

 

 

f:id:yamasan0521:20170330155903j:plain

 

 

布団を買い換えよう!と思った一番の理由は、広過ぎる家での布団干しが想像以上に大変過ぎました。間取りを見てもらえると分かるかと思うのですが、寝室から布団を干す庭スペースまで動線が異常に長い。広い家のデメリットです。家族4人分の布団を敷き布団・掛け布団と長い動線を何往復もするのはさすがに堪えます。

 

f:id:yamasan0521:20170330160200j:plain

 

以前の家は和室(寝室)のすぐ横が庭でしたので、晴れた日は必ず布団を洗濯して、夜にお日様の匂いのする、ふかふかの布団で眠ることが至福のひと時でした。しかし、今の家は…布団を一つ干すにも動線が長過ぎ、とても大変です。

 

今までが、賃貸の小さな家に住み・動線も短かい・モノも少ないという暮らし。家事動線を極端に意識しなくても、ほどほど快適な暮らしでした。ここ最近、整理収納を意識し出したのも【家が広い】を通り越して【家が広過ぎる】という…暮らし辛さは、道具・収納を見直す検討材料の一つです。

 家事動線や整理収納、道具選びを意識しないと、いくらモノが少なくても暮らし辛い。

 極力【敷き布団を干さなくてもいい状態】をできれば目指したい。敷き布団を干すことを手放したい…。

 シットリ防止&重い敷き布団を手放すのに、いいマットレスがないか探したところ、ミニマリスト達が愛用する「アイリスオーヤマのエアリーマットレス」がヒットしました。

 


 

f:id:yamasan0521:20170328212415j:plain

 一月に購入し、半年間使ってみました。

 感想としては、高反発なので「硬い!」

最初はとても硬いし、シャリシャリ音がするのですが、一ヶ月を過ぎる頃からシャリシャリ音もマットレスの硬さも気にならなくなりました。正直、最初は失敗したかな…と、思いましたが、半年使った感想としては

 「早く買えば良かった!」です。

 

f:id:yamasan0521:20170328212705j:plain

 

マットレスの中身がこのような素材。エアロキューブというそうです。通気性抜群。床にマットを直置きしても、全く湿気ません。真冬の一月購入でしたので、

 「通気性がいいってことは、布団内の暖かい空気が逃げて、下からの冷気で寒いんじゃないの?」

 と、思いましたが逆でした。冬場は布団に残った湿気が冷気で冷えて寒かったのですが、エアリーマットレスは湿気がこもらないので布団が冷えない!マットレスを変えたその日から暖かかったです。

 

布団に残った湿気が冷え、布団がとても冷たい。当たり前といえば当たり前なのですが。冬は布団も冷たいものだと思い込んでいました。湿気がより布団を冷やすんだ…!と、エアリーマットレスへ変え実感するぐらい、暖かさが全然違いました。

 

f:id:yamasan0521:20170511232609j:plain

 寝室もDIYですのこベッドを作りましたので、通気性としては最高。

 マットレスの中身も出せるので、カバーも洗えます。 マットレスの素材が硬いので、出し入れの手間が大変だったら嫌だな…と、思いましたが、比較的スムーズに出し入れできました。

 

f:id:yamasan0521:20170328213246j:plain

 マットレスも掛け布団も天日干し。基本的に天日干しは大好き。

  昨年は湿気に泣かされて、毎日とにかく重たい布団を干す日々でした。湿度が高い間の布団干しの手間も軽減され、買い物としては大正解でした。

 

結果、

  1. 手持ちの敷きマット・敷き布団を捨てました。
  2. アイリスオーヤマのエアリーマットレスを購入。

家族全員分入れ替えました。全部で敷き布団・マット合計6枚捨ててエアリーを3枚買いましたので、寝具が3枚減った形ですね。

半年使った感想

メリット

  • 床に布団を直置きでも、湿気で布団が濡れない。
  • 布団をこまめに干す手間が省けて、家事が楽になった。
  • 梅雨のいまの時期でも、布団干しに悩まなくていい。
  • 冬場の就寝が、以前より暖かい状態で眠れるようになった。

デメリット

  • 高反発過ぎて、最初は布団が硬い。違和感がある。
  • シャリシャリ音がする
  • 慣れるまで、眠りにくい。(慣れればぐっすり)
  • 値段が高め
  • 子供は持ち上げにくい(硬いので大人も持ち上げにくい)

 

布団を干す行為もそうですが、家族の家事の共有化を考えると【どうやってやらせるか?】という視点で考えがちですが、【そもそもやる必要があるのか?】【やらなくて良い方法はないのか?】と考えて方法を探すと、家事負担が減ります

 頻繁にお布団は干せなくても、敷パットはこまめに洗濯できます。敷パット程度なら「パット外して洗濯機に入れておいてね〜」と、家族にもお願いできます。重い敷き布団を干すことに負担は大きくても、軽い敷きパットを干す程度でしたらバスタオルを干すのと、そう大差はないです。

 小さなことですが「軽くする」「減らす」効果は大きいと実感しました。

 ブログランキング村。いつも応援クリック、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村