少ない物ですっきり暮らす

体には声にならない言葉がある。あなたの思うことと、あなたの体の思うことは違う。

f:id:yamasan0521:20171201175636j:plain

 大分県在住、ライフオーガナイザー® / ミニマリストのやまぐちせいこです。

 

草取り。軍手に穴が空いて、手がボロボロになります。

 草取りを始めると、何時間でも庭の草をブチブチと抜くのですが、心を無にし、陽の光を浴び。手を動かずたびに庭がみるみる美しくなる様は、とても気持ちがいいです。用事がない日は、ついつい家の中でゴロゴロしてしまいがちです。庭に出て、陽の光を浴びると体が喜ぶのが分かります。

 

目次

広告

 

 

メモ的に少し小話

昨年だったかテレビを見ていたらフィギュアスケート鈴木明子選手が出演されていました。その番組の内容としては、美しさを表現するフィギュアスケートという競技の特性から拒食症になってしまった体験をお話しされていました。

 

生きたい

鈴木明子選手ですが、拒食症が進み、体重も30キロを下回るかどうか…という状態になった頃。腹部にビッシリと産毛が生え。驚き病院の診察を受けたときに、お医者様が

 

 

「あなたのやせ細った体は脂肪が少なく、体が冷える状態です。

 このうぶ毛は、内臓を守ろうと一生懸命だ。

 あなたが、死にたい!死にたい!と思っていても、

 体は、生きたい!生きたい!と言っている。

 あなたは、食事を取らないことで死へ向かっているとしても、

 あたなの思うことと、体の思うことは違うのです。」

 

「体さん」と付き合ってみる

その話をテレビでみながら「体に意志と心がある」という考えは大切だな…。と、感じました。気がつくと、私自身も無理をしてしまう傾向があります。そんな日は、

 

「今日は、頑張ってくれてありがとう。」

「あなたが動いてくれたから、今日はこれができたよ。」

 

と、自分の体に感謝します。

 

私という意思を持った一人の人と、私の体さん。

そんな風に、少し分けて考えてみると「ここで無理をすると体さんには、負担よね?」など違う視点で考えられるようになりました。あえて「さん付け」で呼んでみることで、自分の体というエゴに線を引くようにしました。

 

体の声を聴く

たまにですが、「体に悪いきがするけれど、無性に食べたい。」という食べ物もあります。以前、中国か、どこかに国で壁を食べる子供の話がありました。医学的に解明してゆくと、先天的に欠損している体に必要な栄養素を「壁を食べる」という行為で補っていたようです。

 

たまには体の食べたいもの。ゆっくり休んで体の調子を整えること。

 

そういうことに5分でも10分でも、少し時間を割く。

私も気をつけていても、時々体を粗末にすることがあります。冬の寒い時期ですので、体をいたわることで、免疫力も上がり、病気の予防に繋がりますよ。

 ↓いつも応援クリック、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ