少ない物ですっきり暮らす

古民家縁側の風景

我が家の古民家の縁側

 大分県在住、ライフオーガナイザー® / ミニマリストのやまぐちせいこです。

 

 古民家といえば、縁側ですね。

 私の実母の実家が、鹿児島県の五代町という地域出身でした。母の実家もなかなかの広い家で、南向きの長い縁側が特徴的な家でした。長い縁側を見ると、鹿児島のお婆ちゃんの家を思い出します。

目次

広告

 

 

新居、内覧当日

古民家の廊下埃がいっぱい

 

縁側の雨樋が閉まった状態で暗めです。廊下も埃と汚れが。

 

入居前のメンテナンス

縁側掃除後

 

大家さんが、入居前のメンテナンスを入れて下さいました。内覧当日に比べると、俄然美しくなりました。

 

入居後、朝の縁側の風景

東の光が縁側に入る風景

 

入居後、長い縁側をワイパーで拭き拭き。

朝は、最高に気持ちがいいです。ただただ、長い廊下といえば廊下。そして窓と、その窓からの光だけですが、何ともいえません。大好きな風景が一つできました。

 

明日から天気は崩れるからこそ、今日も元気にお掃除

f:id:yamasan0521:20180105150122j:plain

 

明日は九州の空は雨のようですね。晴れの日は晴れ仕事ということで、今日の午前中は拭き掃除に勤しみたいと思います。

 

 ↓いつも応援クリック、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ