少ない物ですっきり暮らす

暮らしを良きものに 

少ない物ですっきり暮らす

子供と行きたい水族館。海遊館と鳥羽水族館を比べてみました。

鳥羽水族館

ミニマリストのやまぐちせいこです。

 

8月20〜23日の3泊4日。娘と二人旅に出掛けました。

広告

 

 

目的は「タコを触りたい!」娘の願い

鳥羽水族館 タコに触れる

 

家庭用ゲーム機nintendo switchスプラトゥーン」に夢中な娘。ゲームからタコやイカなどの海洋生物に興味を持ちました。死んだタコはスーパーにいるけれど、生きたタコを触りたい。

そこで「タコを触れる水族館」で調べましたら三重県にある鳥羽水族館がみつかりました。

www.aquarium.co.jp

大分県からフェリーに乗って大阪を通るので、海遊館鳥羽水族館へ行ってきました。

 飼育種類数、日本一!鳥羽水族館三重県

鳥羽水族館の通路

 

飼育種類数は日本一の鳥羽水族館鳥羽駅から徒歩5分。遠方からでも、気軽に行ける水族館でした。建物は昭和感溢れる古い建物です。(…写真は綺麗に写ってはいますが)

鳥羽水族館の良かったところ

鳥羽水族館 スナメリ

 

とにかく、動物との距離感が近い!!!!!!

 

ということです。写真も、スナメリがカメラ近くへ寄ってきてくれました。とても人に懐いたスナメリが2匹いるようで、何度も何度も顔をこちらへ向け

「お写真どうぞ〜!」

と、言わんばかりにシャッターチャンスを作ってくれました。

ジュゴンに会える

鳥羽水族館 ジュゴン

 

ジュゴンもとにかく近い位置で見れました。写真ではアレですが、実物はとても大きく、大迫力でした。

変わった生き物と動物との距離感

鳥羽水族館 ドリー

 

鳥羽水族館海獣と呼ばれるトドやジュゴン。アザラシ・イタチ・ラッコ・スナメリ・ペンギン…などなど。展示の仕方が来場者と、とにかく近い!間近で見られるという特徴がありました。

 

娘念願のタコにも触れました!!!!

 

魅せる水族館というより、触れ合う水族館というコンセプトなのかな?というイメージです。建物は古いので、デートスポットには向かないかもですが。家族で行くにはオススメです。

ちょっと足を伸ばさなくても、伊勢神宮

伊勢神宮

 

近鉄特急を利用して、大阪は上本町から鳥羽へ向かいました。


途中「伊勢市駅」という伊勢神宮の外宮の最寄り駅で下車。こちらも徒歩5分で到着。

www.isejingu.or.jp

外宮でお祭りしている神様は「豊受大御神とようけのおおみかみ

というお名前です。衣食住と産業にまつわる神様。内宮が有名なアマテラス。

伊勢市駅から鳥羽駅まで電車で15分前後で到着です。すぐ寄れますので、観光ルートに入れておきたいですね。

○○がない伊勢神宮

実は伊勢神宮にはおみくじがありません。理由は、

伊勢神宮へ来た日が、大吉でないわけがない。」

だから、おみくじなど置く必要がないということです。すごいですね。

遠方から鳥羽駅近郊に宿泊の際は要注意

鳥羽駅ホーム

 

正直、鳥羽駅周辺には、特に何もありませんでした。

駅から最寄りのホテルに泊まりましたが、「食べログ」などをみると色々なお店があるから外食は大丈夫!と思っていましたが、完全閉店して実在しないお店も多々あり…。

海女さんのお店など、海鮮系のお食事処はありましたが、単価が高く。小さい子向けの洋食のお店などは徒歩圏内は、ちょっと厳しかったです。

海遊館(大阪)

海遊館入り口

 

一方、大阪の海遊館

www.kaiyukan.com

こちらは、圧倒的に魅せる水族館というイメージでした。建物全体が綺麗で、日々家事や育児や仕事に疲れ果て…。心も荒れてクサクサしているときなどに、静かにゆったりと泳ぐ魚たちをみるだけでヒーリング効果がありました(笑)

魅せる、魅せる

海遊館 水槽

海遊館 イルカ

 

水族館といえばイルカショーですが、ショー以外の時間帯でもイルカのスペースで飼育員さんとイルカのやり取りがガラス越しで間近に見ることができました。

鳥類最高!

海遊館 ペンギン

 

鳥類最高に可愛いかったです。娘は魚類でしたが、私は鳥類が好きなので、ペンギンコーナーではしゃぎました。

海遊館と言えばジンベイザメ

海遊館 カメ

 

写真はカメさんですが(汗)ジンベイザメも大きな水槽でみることができました。

 写真映え

海遊館 クラゲコーナー

 

海遊館の特徴は、全体的に各水槽が大きく、大迫力です。

 

海遊館 クラゲ

 

写真はクラゲのコーナーですが、大水槽で眺めるクラゲは美しかったです。

いかがでしたでしょうか?

鳥羽駅近郊ホテル

鳥羽駅最寄りのホテルにて

 

我が家は娘が特に水族館が好きで、年に1回は水族館へ足を運びます。夏のレジャーだけでなく日々の生活に少し疲れたなー…と、感じるときは水族館はオススメですよ。

 

↓いつも応援クリック、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

【お片づけサポート・お片づけ講座のご案内】

家を片付け、暮らしを整えたい!片付けの講座のお知らせなどはHPまで