少ない物ですっきり暮らす

暮らしを良きものに 

発達障害のある子供の、学校との連携・連絡

f:id:yamasan0521:20170423195933j:plain

学校からの大切なお手紙は、途中でヤギが食べていると思います。

 新学期になり、配布物が増える中…。集金袋や緊急連絡網。手元に来ないと困るお便りばかりです。娘はモノを紛失しやすいので、学校からの配布物が私の手元へ届くように先生と連携が必要です。

 目次

 

<

スポンサーリンク

 

 

 

 とりあえずはモノの住所を

f:id:yamasan0521:20170508211724j:plain

 

中学校へ入り、先生との連絡手段のためにファイルを作りました。ファイルを開いて、左手にクリアケースを両面テープで固定。ファイルは小学校のときにいただいたモノをそのままリサイクル。

 

ファイルイン、クリアファイル

f:id:yamasan0521:20170423200035j:plain

 

ここに配布物を入れてもらいます。

宿題も同様。こちらからの集金袋もこのポケットへ入れておくと、ポケットが透明ですので「集金袋が入っているな。」と、先生も中身がわかります。

 

あると助かるフォーマット

f:id:yamasan0521:20170410135034j:plain

 

娘は書字障害(字を書くことに難がある)があり、時間割などの書き写しに漏れがあると、翌日の学校の準備に支障が出ます。時間割を書かなくていいように「時間割・連絡フォーマット」を作りました。

 

時間割の黒板を見ながら、必要なところへ丸をつけるだけ。

 

このアイディアは大場美鈴さんの書籍に掲載されていたので、我が家でも活用させていただきました!


 

フォーマットの中身

f:id:yamasan0521:20170410135144j:plain

 

  • 学校からの連絡や、重要な配布物があるときは、そのお知らせ。
  • 家庭からの連絡や配布物の返却・集金の納付。

確認・受け渡しの漏れがないように。忘れ物や配布物が子供から親の手元へ来ないと、困ることが沢山あります。少しでも防止策が取れると助かります。

 

学校からの配布物が入っていればチェックして、こちらから学校からの配り物を返却したり、お金を入れている場合は記入。学校へお願いしたいこと、気になることがあるときも、お互いに一言二言あると助かります。

電話での声を聞いてのやり取りも良いのですが、頻繁に学校から電話が来るのも、着信音が鳴るたびに「今日は何かあったのかな…。」と、不安な気持ちが増します。小さな雑務程度の一言連絡でしたら、文章でのやり取りの方が気楽です。あと、記録として残りますから、トラブルがあったときに時系列で振り返ることができます。

 

4月から、この方式で先生とやり取りしていますが、配布物の受け渡しと連絡は、かなりスムーズに行えています。お子さんに発達的に障害があってもなくても、「何度注意しても忘れ物をする子」など、本人なりにどうしたらいいのか分からなくて困っているケースもあります。困り事があるときは一人で悩まず、学校や周囲の方に相談してみてください。

発達系のお子さんの支援テクニックは、発達障害があるなしに関係なく「誰しもがつかいやすい。」ユニバーサルデザインが多いです。うちの子は発達じゃないけれど、忘れ物が多いのよ…という方でも、少しの工夫で本人が自分でできるようになると助かります。その子が学校で困っていることは、障害がある・なし関係なく社会が互いに助け合える世に中になれば…と、願うばかりです。

9月9日(土)NHK文化センター京都教室にて、持たない暮らしの講演が決定しました。コチラも宜しくお願いします。

   ↓いつも応援クリック、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ