少ない物ですっきり暮らす

家族4人、3LDK暮らし。趣味は小さな幸せ集めです。 

まとめ買い・ストック管理を簡単に構造化する

f:id:yamasan0521:20170127130512j:plain

見える化』方式で家事の構造化。必要以上に増えがちな、ストック編です。

 

ストックを持たないミニマリストでしたが、田舎ではそれも難しく。最寄りのスーパーまで車で15㎞前後の生活になり、1回の買い物の時間が最低でも2時間前後。時間の無駄をそぎ落とすために、週に1回の買い出し・ストックを持つようにしました。それでも、週1回にどっさりと生活用品を買って帰り、食べ物・日用品…と仕分ける作業はちょっと苦痛です。

 

 

f:id:yamasan0521:20170127131124j:plain

 

玄関にストックをほぼ全部置くようにして、ここに細工を施します。

 

 

f:id:yamasan0521:20170127130903j:plain

 

 

そこで私が暮らしを楽にするために買ったのは『マグネットペイント』

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ターナー色彩 ターナーマグネットペイント 水性 170ml
価格:1566円(税込、送料別) (2017/1/27時点)


 

 

f:id:yamasan0521:20170127130945j:plain

 

 

玄関の収納扉にペタペタ塗ります。これでこの扉には磁石が貼れます。

 

 

f:id:yamasan0521:20170127131250j:plain

 

 

在庫(ストック)のあるものをマグネットシートに書き、扉に貼ります。

 

 

f:id:yamasan0521:20170127131102j:plain

 

 

私は字が丸字で汚いので、テプラを使用。これで見栄えも良くなります。

 


 

 

f:id:yamasan0521:20170127131422j:plain

ストック収納の中から使うモノを持ち出します。

 

 

f:id:yamasan0521:20170127131514j:plain

持ち出すとき、モノを手に取ったその場で必ず持ち出した物のマグネットシートを取ります。

 

 

f:id:yamasan0521:20170127131618j:plain

そして、在庫無しへ貼ります。

 

 

f:id:yamasan0521:20170127131657j:plain

収納へペンを1本いれて置きましょう。

 

 

f:id:yamasan0521:20170129162301j:plain

買い物前には玄関で必ず靴を履きますので、その隣にストック倉庫があると便利。玄関を出る前に収納扉の『在庫無し』をメモします。

 

f:id:yamasan0521:20170129162506j:plain

そして、買い物から帰って来たら…

 

 

f:id:yamasan0521:20170127131422j:plain

①買ったものを入れる

 

f:id:yamasan0521:20170127131618j:plain

②在庫無しゾーンから、買って棚に入れた商品のマグネットシートを取る。

 

f:id:yamasan0521:20170127131514j:plain

③在庫ありへ貼る。

 

こうすることで、買い忘れ・ストックの買い過ぎ防止ができます。買ってきた物も一度リビングへ持って行き、仕分ける作業も軽減され、とても楽です。

 

f:id:yamasan0521:20170227055835j:plain

 

こんなイメージで在庫管理できたらいいな…というメモです。ほぼイメージ通りにできました。使う→戻す→使う→戻す…と輪のように回る感じで在庫を管理します。

 

 

f:id:yamasan0521:20170127132237j:plain

 

玄関の収納にペイントしなくても、ホワイトボードを使うと賃貸でもできそうです。

 

f:id:yamasan0521:20170127132350j:plain

 

ちなみに『在庫表』は、洗面脱衣所・トイレ・キッチンと、場所別に列で分けています。マグネットシートを探す手間や煩わしさがあっては続かないので、続きやすい仕組みにしておくといいですね。

 

f:id:yamasan0521:20170127132605j:plain

 この日は玄関先で買い物袋2つのうち1つが整理されました。

 

包装紙なども、ここでビリビリと破きストックはゴミも在庫も玄関で止めます。今までリビングへ持って行き、仕分けをしていたのですが二度手間でした。ゴミもモノも一度リビングへ運び、またその後在庫置場へ在庫を置きに戻るより、玄関に在庫置場があれば玄関で片付きます。動線の無駄を排除。

 

在庫の「ある・なし」も、見える化できて買い物前の「あれ…あったっけな?」と、探す手間がなくなり便利になりました。

 

ストック管理のポイントは

「どの時点で買うべきか?」これを明確にルール化することでしょう。

私の場合は「在庫置場から持ち出したとき」をストック補充の目安にしました。必要以上に持つことは良しとしていないので、必要最低限の在庫管理で、買い忘れを防ぐシステムです。

 

 

しかし、これの欠点は

『家族にもこのシステムを周知しておくこと』

が条件になります。家族の誰かが私の知らないうちに持ち出すときに、マグネットを貼り忘れがあると、『在庫あり』が実際は『在庫無し』状態になります。

 

でもこれは社会教育にもなると言いますか。

 

スーパーや洋品店。モノの在庫管理が必須の職場は『棚卸し』などで、データ上の数と実際の数に相違がないか?の作業をします。ヒューマンエラーが起こるとズレが生じる。生活の中に似た仕組みがあると、子供も『なるほど!』と腑に落ちやすいのではないかな?と思いました。

 

家族には看板のようなモノを作って「ここからモノをとったらプレートを動かす」ということが分かるモノを作る予定です。

 

色々と家全体の仕組みを再構築中ですが、その後どうなったかのレポートも記事として報告しますね。

 

昨年11月26日に「シンプル思考ですっきり身軽に暮らす」発売しました。

f:id:yamasan0521:20161017181003j:plain

ブログランキング村。いつも応援クリック、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ