少ない物ですっきり暮らす

暮らしを良きものに 

少ない物ですっきり暮らす

心の整理

モノ選びの基準

大切にしていても壊れるときは壊れます。

「関係性」という下地

「田中角栄の本を勝手に捨てられた!」と言われました。

「片づけ」に必要な5つのこと

暮らしに余裕のない状態で「片づけ」はできません。 (2017年10月再編集)

モノがあることでダメになる

冬になると「服装、寒くないですか?」とコメントをいただきます。

無理を習慣にしないこと

過去、過労で2回ほど倒れたことがあります。

モノを「捨て過ぎる」予防策

モノを「捨て過ぎる」 なんてことありますか?

一日の計は朝にあり

2016年、元日。新年明けましておめでとうございます。

「見えないお洒落」を楽しむ

12月らしくなって、ウールのコートを着る機会が増えました。

「ミニマリスト」として、まず最初に「手放す」大切なモノ

最初に「手放す」大切なモノがあります。

「どう見られるか?」 服装という手段

服はなかなか捨てられないですよね。

雨の表情を楽しむ

雨の日ならではの楽しみが生活の中に、ひっそりとあります。

モヤモヤを残しておく

気持ちの整理で、あえてモヤモヤを残しておくことがあります。

家事の手を止めるとき

朝の家事の手をつい、止めてしまうことがあります。

モノは安いほうがいい?高いほうがいい??

物は高いほうがいいか?安いほうがいいか?

「ストレス買い」を防止するためにしてること

ストレスが溜まると買い物で発散したくなりますよね。

空間を止める

時間を止めることはできませんが『空間』は止まります。

物を捨てて、何か変化はありましたか?

「物を捨てて、何か変化はありましたか?」と、よく質問されます。

モノが溢れると、人が去ってゆく

私がインテリアに興味を持ち、好きになるキッカケをくれた方がいました。

元気がない時は「毎日の習慣」で元気になる

元気が無い時、気持ちが落ち込んだ時こそ、「習慣」だと思います。

小さな汚れはお金を失う

家は長く住んでいると、ちょっとくたびれた感じが漂うことがあります。

「捨てる力」 羽生善治

何かを選び、何かを捨てる。どこかその決断力は勝負の世界に通じます。

「記号」「モノ」化する人々

理想や完璧を求め過ぎることは、人を「記号」や「物」として見ることに通じる気がします。

話の上手じゃないヤツは口を開くな…。 それって悲しいじゃないか。

数年前に出会った知人からいただいた、大切にしている言葉があります。

又吉直樹の生き方にみるミニマリズム

又吉直樹さん。彼の生き方がすごくミニマルズムを感じるものでした。

物が物を呼ぶ!危険な関連性 (もったいないの落とし穴)

手作りで物を作ることが好きです。でも、作るたびに物が増えます。

買ったけど使わないモノって何だろう?

意味のあるものを買ってますか?

楽しい時ほど人は鈍感になる

昔は感情を抑えられずに失敗することもしばしばありました。

自分を好きになる

晴れて天気がいい日は、思いっ切り掃除します。

雑貨は飾らないという選択肢 (コミックエッセイ)

我が家は長年試行錯誤した結果、雑貨は飾らないことを決めました。

なぜ、それを買わずにはいられないのか

マーティン・リンストローム著「なぜ、それを買わずにはいられないのか」